マウンテンバイク・ロードバイク、自転車乗りにオススメのGoProマウント

バイクと一体となって颯爽と走る、ロードバイクやマウンテンバイク。走行場所や自転車の特徴に違いはありますが、自分の力で風をきって走る爽快感は共通ですよね。

自転車とGoProの相性の良さは言わずもがな!マウントアイテムの選び方で撮影できる映像は全く別物になり、その違いこそ撮影の醍醐味です。

今回は、自転車の走行にどんなマウントがあるかご紹介いたします。

あわせて読みたい
【2021年最新版】バイクでGoProを使用!オススメのマウントと方法!
【2021年最新版】バイクでGoProを使用!オススメのマウントと方法!バイクにGoProを装着し、動画と音声を記録して配信するモトブログが流行っています。様々な装着方法がありますが、ヘルメットに装着して人の目線で撮影するのが一番人気...
目次

選び方のポイントは「映像の目線」

GoProのアクセサリーには、バイクなど専用の物がありますが、広い用途用に作られた物も使い方によっては問題なく使う事ができます。

アクセサリーを装着する場所は、そのまま撮影時の目線となります。アクセサリーの選び方で、運転している目線の広い視野だったり、運転する手元やバイク本体・パーツの映り込む臨場感を溢れるものになります。

まずはどんな目線で撮りたいかで選べば、自然にアイテムも絞れるでしょう。

ヘルメットに装着する「通気ヘルメット ストラップ マウント」

スポーツ用通気ヘルメットにGoProを取り付ける「通気ヘルメット ストラップ マウント」。ストラップの長さを自由に調節してカメラを素早く簡単にマウントできます。

手持ちのヘルメットにフリーサイズのストラップで装着する仕組みなで、どんなヘルメットにも対応しています。

頭の上から撮影は運転している目線に近い映像が記録できます。目線を向けた方にGoProも一緒に向くので、どんな景色を見ていたのか撮影者の目線が見れて、通常の撮影とはまた違う味のある映像が撮影できるでしょう。

ストラップで調整してヘルメットにガシッとしっかり固定できるので、走行中もGoProを意識せず運転に集中できます。

  • 通気口の付いたあらゆるヘルメットに装着可能
  • 調整可能なストラップにより、素早く簡単にマウント可能
  • フリーサイズで、どんなヘルメットにも対応

ヘルメット不要で使える「ヘッド ストラップ」

特別な装備をせず、これだけあればおでこ部分で撮影できる「ヘッド ストラップ」

髪の毛の上からや、帽子を被っていても、その上からかぶるだけなのでスポーツ以外の時にも気軽に使えます。激しいアクティビティの場合は、先に紹介した「通気ヘルメット ストラップ マウント」が安心です。

ヘッドバンドは調節可能でフリーサイズになっています。おでこの位置なので、より目線近くの映像になります。

  • ヘッドバンドはフリーサイズ
  • ゴムバンドなので、ヘルメットにもマウント可能
  • 直接頭に装着できるのでスポーツ以外の、私服での撮影にも使いやすい

胸の位置から撮影する「パフォーマンス チェスト マウント Chesty (チェスティー)」

ベストのように装着するだけで、簡単に胸の位置から撮影できる「パフォーマンス チェスト マウントChesty (チェスティー)」

クッション性抜群で通気性に優れた軽量素材が使用されており、サイズの調節も自由に変えられるので、どんな体型の方でも気にする事なく快適に装着できます。

Chesty (チェスティー)を使えば体の中心、胸の前で撮影できるので、まるで自分が体験しているような臨場感たっぷりの撮影が期待できます。

  • 調節自在な軽量構造が、快適な装着感と性能を両立
  • クッション性に優れた通気性素材で、どんなアクティビティ中も快適な装着感
  • 調節自在でさまざまな体型や厚手の防寒服にもフィット

Hypersmooth機能のあるモデルなら、激しい動きでもスピード感の迫力はそのままの滑らかな映像でアクティビティの記録ができるでしょう。

棒やパイプに固定する「ハンドルバー/シートポスト/ポール マウント」

棒やパイプGoPro をマウントします。ハンドバー、シートポスト、スキーのポールなどに装着でき、自転車ではハンドル部分にセットすれば、自転車と一体感のある映像が撮影できます。

簡単に固定できるように工夫されたデザインは、ヒンジがついた滑り止めがついており、棒やパイプへの固定が簡単です。マウント用バックルを使用すれば別のマウントへの移動もできます。

ベースが360度回転するのであらゆるアングルを演出。装着可能なパイプのサイズは直径9~35 mmになります。

GoProの向きを自分に向ける事で、アクティビティ中の自分を間近で撮影できます。アングルの調整が容易なので、シーンに合わせて風景の切り替えも簡単に出来ます。

  • 9~35 mm のパイプに簡単に固定できるヒンジ付きの滑り止めデザイン
  • 16 か所の固定位置を備えた 360 度回転可能なベースで、完璧なアングルを実現。すばやい視点の変化にも対応し、よりダイナミックな映像が撮影可能
  • マウント用バックルを使用すればカメラをマウント間で即座に移動できるため、すばやく簡単な視点の切り替えが可能

メモリーとバッテリーをしっかり確認!

自転車で走行するのを長時間撮影したい場合に忘れていけないのは、映像を記録する「microSDカード」と、撮影する為のバッテリー。

どちらも撮影を最後まで安心してできる対策をしっかり用意しましょう。

microSDカードはスピード・容量で選ぶ

動画を撮影するモードによって、使用するメモリー容量は変わります。4Kなど高画質で撮影してしまうとあっという間に大容量使われてしまいます。GoProでは64GB以上の容量があるSDカードをおすすめしています。

容量が大きければ安心というものではありません。撮影した映像や画像を「読み書きする際の最低転送速度」スピードクラスも重要です。「Class10」と記載されているmicroSDカードを選びましょう。

映像を記録するmicroSDカードがなければ、せっかくの撮影も意味がありません。撮影前には不要なデータは整理するようにして、撮りたい時に問題なく撮影できるよう準備必須です。

予備バッテリーで撮影チャンスを逃さない

GoProのバッテリーは持続が約1時間〜約2時間前後です。長時間撮りっぱなしだったり、自転車で移動した後に観光をしたりと、撮影する場面が増えた時にバッテリーが1つだと心元ありません。

出かける時は予備バッテリーを必ず持っておくと安心です。宿泊する場合は、バッテリーチャージャーもしっかり持って行きましょう。デュアル バッテリー充電器だと時間をかけずに一度に2つのバッテリーが充電できて便利です。

専用マウントで走行と撮影を楽しもう

GoProはアクティビティに強いアクションカメラ。その撮影を全力で後押ししてれるように、GoPro純正のマウントを使えば、アクティビティの邪魔にならず、安心して撮影を楽しむ事ができます。

自転車用の専用マウントでなくても、その他のスポーツや普段の撮影にも兼用で使えるものがたくさんあります。自分にとってどんな撮影がベストか、撮影後の映像を想像しながらマウント選びも楽しんでくださいね。

  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる